2018年11月12日

浅草とんぶり2018、閉幕!

27895.jpg

出展ブース。BONZO CLUBさんとの共同出店となりました

今年も行ってきた!浅草とんぶり、2018。ただでさえ少ない出展数なのに、サブの生体パックを家に置き忘れるという大失態を犯し、かなり寂しい出展数となってしまった。1
 
けど、楽しかったなー!成長した姿を見せてもらったり、殖やした個体をスマホで見せてもらったり。売買の場というのも大きいけど、ぶりくらの理念として掲げられている「愛好家同士の交流」を、実感した一日でした。入場者数は、まさかの3,000人超え!ちょっと前にようやく2,000人到達したかと思ったら、この勢いですよ。すごいな、業界の活性は!

最近、"カメはなかなか売れない"という声もちらほら聞かれるけど、熱いところは熱かった。ということで、今回の所感。

27894.jpg

ビルの隙間から覗く、スカイツリー。あまりの近さに、栃木ケンミンは大興奮!

・特定血統の盛り上がり
やはり最近は、血筋にこだわって買う人が非常に多い。どれとどれの子ですか?って、皆さん口を揃えておっしゃる。また某アメハコ亜種専門ブースなどは、それなりの数量があったにもかかわらず開始後10分で完売との話。そこ目当てに、前日24時から並んだという強者もいたそうだ。同クラスのベビーは他ブースでも見られたけれど、結果の出ている血筋はやはりすごい。私も自分で育成して、しっかり結果を出したいと思うのでした。

27887.jpg

毎度怪しげな、マネキン人形。海外から見た、歪んだジャポニズム。好きだなー、こういうの(笑)

・クリーパー社から、初のアメハコ本
以前から噂のあった、アメハコ専門書。遅れに遅れた発行だがとんぶりに合わせての発売ということで、前々から盛り上がっていた。売れていた!編集部は「絶対捌けないだろう」と思っていたようだが、100冊以上が瞬く間に完売。
 
宮のブースにいらっしゃる方はハコガメ好きばかりなので、みなさんしっかりと押さえられていた。クリーパーで亜種の新見解は5年くらい前に行われたけど、飼育や個体の特集となると、2001年ごろの超初期に行われたのみ。待ちわびたアメハコ本、向こう10年はこれを越える専門書は出ないだろう。


27893.jpg

浅草寺の楼門

・浅草の、カオスな多国籍っぷり
 浅草は、年々外国人が多くなっている。欧米人も、アジア人も、イスラム圏からも。10年くらい前とは、道行く人のカラーがガラッと変わっている。ある種の超多国籍エリアで、飛び交ってるのは外国語ばかり。レンタル着物で散策を楽しむ外国人の姿も、すっかり定着した。店員さんも英語が達者で、おっちゃんもおばちゃんも、簡単なやりとりくらいなら英語でソツなくこなす。
 いやー、浅草は楽しいな。打ち上げまでの短時間しか観光できなかったけど、また一日かけて遊びにきたい。来年のとんぶりは、飛躍するぞー!

27890.jpg

凶がべらぼうに多いことで有名な浅草寺だが、今回は吉でした!


27891.jpg

夕暮れになっても人の絶えない浅草寺

27888.jpg


宵闇に妖しく光る、提灯群。外国人大喜び


27885.jpg

盛り上がる打ち上げ会場に、謎の覆面レスラー現る。Masked ORCA PROJECT(笑)

posted by 宮っ子 at 08:42| Comment(0) | 怒涛のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

フロリダの比較 〜オス〜

ミツユビ、トウブまでの多様性はないけれど、パーツごとに見るとフロリダも意外と個体差があって面白い。せっかく特命隊長がいるので、記念撮影もかねてじっくり比べてみた。まずはオスから。比較のために、同日・同時間帯・同場所・カメラ同設定にて撮影しています。

○甲羅

P1250249.JPG

上からの比較。黒く引き締まったBLITS(左)と、ラインが多く黄色っぽい特命隊長(右)。だいぶ印象が異なる

P1250044.JPG

前から。右、隊長。左、BLITS。特命隊長はやや平たい。前からの印象もだいぶ違う

P1250054.JPG

腹甲は特に差は無い

椎甲板.jpg

・ラインの数 
上、隊長。下、BLITS。
第1椎の比較例。長い線で数えると、BLITS5本に対し、隊長は7.5本。かなりの個体差がある。

前足.jpg

・前腕
上、隊長。下、BLITS
特命隊長は、ベッタリ前面。BLITSは、ややブロッチ状。色味の強さもだいぶ違う

頭.jpg

・2本ライン 
上、隊長。下、BLITS
太さが異なる。

横顔.jpg

・横顔 
上、隊長。下、BLITS
帯のように広い特命隊長、あっさりしたBLITS。

以上、部位別の見比べでした。こうしてクローズアップすると、バリエーションが少ないとはいえ意外と違いが見えてくる。ただ模様の色が強い奴は、だいたい全体的に模様が広く、太い傾向はあると思う。
posted by 宮っ子 at 07:00| Comment(0) | フロリダハコガメの嘶き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

フロリダハコガメ特命隊長、参集ー

P1250215.JPG
 
西から、フロリダハコガメの特命隊長がやってきた。 百花繚乱なトウブやミツユビに比べればバリエーションが少ないけど、それでもけっこうな個体差があるもの。最近はフロリダもセレクトブリードで、すごいのを目にするようになってきた。自分でもトライしてみたくなって、「鉄子のへや」から品種改良の特命隊長として、派遣されてきたイケメンオス個体だ。

P1250220.JPG

特徴はラインが太く、色濃く、数多いこと。一発で惚れ込んでしまった個体。デカい図体に似合わずシャイで、やってきて1ヶ月ほどは縮こまっていた。しかし最近になってようやく宮を無害と認識したようで、活発になってきた。冬季設定前に、交配成功。さすがは隊長!来期は期待してますぜ!


P1240948.JPG

顔の側面と、前足。甲の模様が強い個体は、皮膚にもべったり色が乗ることが多い。

P1240988.JPG

頭の2ラインが、ゴンブト。いよっ、いい男!

P1240886.JPG

雄汁、ブシュー!CB由来、派遣元では交配予定のメスがまだ若いため、チェリーを温存されていたそうだ。ヤりましたね、隊長!
posted by 宮っ子 at 12:20| Comment(0) | フロリダハコガメの嘶き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

今年の最後の給餌

P1240719.JPG

これは、10月27日の様子。わりと暖かな日が続くので、外のタブのカントンに配合をやったところ普通に食べていた。毎年おんなじことを書いてるけど、過去を振り返るとけっこういい記録になってたりする。
動きは緩慢だけど、食欲はある。でもこれから本格的に寒くなるので、無理はさせない。11月中には霜が降りるので、その前に室内へ取り込む予定。
posted by 宮っ子 at 14:09| Comment(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

とんぶり2018出展種

あらー、もう1週間後に迫ったのかとんぶり。今年は史上まれにみる撃沈っぷりでテンションがた落ちだったけど、継続は力なり。出続けてこそ、モチベーションにもなるってもんだ。

P1240840.JPG

今年はこれプラスα


P1240850.JPG
 
トウブハコガメ新血統、我流駄(ガルダ)スペシャル。迷ったけど出します

P1240843.JPG
 
ミツユビハコガメ、

P1240841.JPG

ユカタンハコガメ。これとカントンが入るかな
posted by 宮っ子 at 21:36| Comment(0) | 怒涛のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

久しぶりに配合を食べた

P1240824.JPG
 
去年の秋から配合を食べなくなり、エビと肉だけで繋いできたトウブメス(右)。そのせいか今年の繁殖は低調に終わったが、最近1年ぶりに配合飼料を食べだした。

なんだったんだ、この1年は。以前はなんでも食べてたはずなのに急にこじらせちゃんになり、生餌しか食べなくなった。植物質は一切食べてない。それが再び配合を食べだして、本当にホッとしてる。
posted by 宮っ子 at 21:32| Comment(2) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

アメハコベビー強制給餌の動画

アメハコベビーの強制給餌動画。自分で編み出して15年くらい経ってるけど、意外にリクエストがあったのでウチでのやり方を公開します。ポイントは、薄いけれど鋭すぎない、やや平たいピンセットを選ぶこと。薄いので、隙間に入りやすい。鋭くないので、傷つけない。平たいので孵化が分散し、アゴに負担をかけない。人間のようにアゴは多少左右にずれるので、ずらした隙間に潜り込ませるようにすると入りやすい。失敗談としては、一点でアゴに負荷をかけたために、まだ柔らかい顎が折れてしまい、折れた先が壊死して取れてしまった。結果強制給餌すらできなくなり、亡くしてしまった。なので薄いピンセットを使うけれど、一点に負荷をかけないよう、平たいピンセットをお勧めします。

入れたら最後に、喉の奥へ押し込みましょう。カメからしたら異物が強制的に入れられたようなもんなので、吐き出す奴がいます。

posted by 宮っ子 at 21:12| Comment(5) | じょうずな飼い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

面白そうなミツユビ

P1240716.JPG

今年初繁殖の、口裂け×ミツコ・デラックス。ぜんぜん違う血統の「重戦車」と似たようなストライプ予備軍が出てきたので、これはもう、同じく掛けたオス親の影響だろう。こっちは地色が黒っぽいので、ストライプが映える。ミツユビも、意外と変異があっておもしろいんだよなー。
posted by 宮っ子 at 22:23| Comment(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

ちょっとブサイクな、みー太郎

P1220217.JPG

基本的にみーちゃんは超かわいいが、たまにちょっとブスな時もある。これは今年の初めの様子。ご機嫌斜めなのか、いつものみーちゃんの半分も出せていない。
ラベル:みーちゃん
posted by 宮っ子 at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

水中の雑食カメは助かる

P1240642.JPG

今年CBの、ミスジハコガメとカントンクサガメたち。今のところ管理は同じで、2pくらいと薄く水を張ったケースに入れている。カントンはそこそこ泳げるのでもうちょっとあってもいいんだけど、ミスジは違う。浅い水底を「這う」感じの亀なので、深くすると溺れる。なので、ベビーも浅い水深で。

それにしても、水中のカメは餌付けがラクチンだ。配合飼料をばら撒いとけば、初めからパクパク食べてくれる。アメハコじゃこうはいかないもんなー。今年も強制給餌群が出て、どれだけ時間をかけてることか。まあ、難しくないのは良いことだ!
posted by 宮っ子 at 21:44| Comment(2) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする