2012年04月30日

ミツユビハコガメ誕生後!

1204280008.JPG

ミツユビハコガメ、卵から出てきました!
2系統いるうちの、血統2です。甲羅の色がかなり薄くて、縁甲板にはクリーム色の模様がくっきり!綺麗になってくれそうな子ガメです。

産まれてすぐに餌は食べないので、10日くらいはタッパーに水苔を入れた別の容器で、暗めにして安置します。餌を与えるのは、その後です!

1204280006.JPG

出ベソも吸収!
タグ:繁殖
posted by 宮っ子 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

トウブハコガメ、始動!

1204280009.JPG

トウブハコガメ、本格始動しました!暑くなってからすぐに活動を開始させたくて、日当たりの悪い温度の低いところで管理していたトウブハコガメ。気温の高くなった今日、日当たりのよいベランダに出すとかなりの元気。そっと餌をやると・・・ 食べた!まだ配合飼料は食べませんが、ジャイアントワームはおいしそうに食べています。シーズン、本格始動です!

1204280003.JPG

長い冬眠明けなので、水分補給!
posted by 宮っ子 at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ミツユビハコガメ、産まれたよ!孵化!

1204260002.JPG

2月に生まれたミツユビハコガメの卵、孵化が始まりました!今回産まれたのは、2ペアいるうちの後発、血統2。いつもは殻の一角が嘴によって破られるのですが、今回はすでにパックマン状態に卵が割れていました。子ガメが内側からつついて"割った"と言うよりは、ふくれて"割れた"という感じかな!?

1204260001.JPG

オギャー!!の図
タグ:繁殖
posted by 宮っ子 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

カエルの香炉

1204250004.JPG

京都旅行のお土産、かえるの香炉です。

いつもは形の残るお土産って買わないんですが、清水寺の三年坂で一目ぼれしてしまったのがこれ。お店の窓越しにゆらゆらと香の煙を吐く姿が、いかにも日本っぽくて。気づいたら、買い物袋を下げていました。まるっこくてかわいいですよね。さっそくお香を炊いて、京都旅行の余韻に浸っています。
posted by 宮っ子 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

京都旅行へ!


週末は有休をくっつけて、母と京都へ行ってきました。去年突貫で回ったけれど、ゆっくり観光するのは高校生以来!?でもあのころは世界遺産を見ても何にも感じなかったし、何よりも友達と騒いでいるだけでいっぱいでした。今回、還暦を迎えた母と記念に、念願の京都旅行を敢行することに。

定番の金閣寺、枯山水の庭園が素晴らしい竜安寺。仁和寺の桜を見て、母の新婚旅行思い出の嵐山へ。町や風情の宿屋に泊り、抹茶の宇治、千本鳥居の伏見稲荷、東寺。侘び寂びの銀閣寺、修学旅行生で賑わう清水寺へ。高校のことを思い出したり、母の新婚旅行に思いを馳せたりと、とても思い出深い旅行となりました。
1204210003.JPG
定番の、金閣寺。なんと、客の半分近くが外国人!?
1204210008.JPG
竜安寺手前の"竹林の里"で昼食を
1204210029.JPG
竜安寺の枝垂れ桜、見事-
1204210040.JPG
仁和寺の桜、向こうには五重塔
1204210052.JPG
嵐山、竹林。日本の粋
1204220069.JPG
伏見稲荷の"千本鳥居"
1204220076.JPG
伏見稲荷にて、稲荷の絵馬。カメの"安産祈願"を
1204230092.JPG
四条の町屋を改装したお宿"川嶋旅館"
1204230111.JPG
清水寺。一人ではビクともしなかった弁慶の杖を、外国人と"FUTARI"で持ち上げる!
1204230116.JPG
最後の、高台寺
posted by 宮っ子 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

萌黄箱亀

1202180013.JPG

- 萌黄(もえぎ、萌葱)とは鮮やかな黄緑色系統の色。春に萌え出る草の芽をあらわす色で、英語色名の春野の緑を意味するスプリンググリーンに意味的にも色的にも近い。 -  
(Wikipediaより引用)

和名の「モエギハコガメ」に使われている、「萌黄」。なにげなく呼んでいましたが、これって色の名前なんですね。春に萌え出る草の、若々しいイメージ。現代人からすると、緑色の一種ですね。甲ではなくモエギハコガメの肌、特に頭部の色から名付けられた和名だと思います。
 
実際のモエギはむしろ黄色で、緑色とは異なります。しかし状態のよい個体は、鮮やかな黄色に斑点状の模様が浮かび上がり、たしかに命が”萌え出でる”生き生きとした印象を受けます。きっと実際の色よりも、イメージに感化され付けられたのでしょう。
 
古来より存在した色ですが、現代日本では死語に近くなった「萌黄」。和名を提唱された方は、生物学の知識のみならず、とても風流な感性の持ち主だったのでしょうね。

ちなみに亜種ハイナンモエギハコガメ、ノコヘリモエギハコガメは雑種やシノニムということで、現在は存在しないことになっているようです。
posted by 宮っ子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モエギハコガメの囁き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

孵化を待つ、ミツユビハコガメの卵

1204150009.JPG

孵化を待つ、ミツユビハコガメの卵です。2月に産卵したので、もうすぐかな?上のほうの卵が、孵化を間近に控えているものです。時間が経つに従い、水分を吸って大きく膨らんでいるのが分かります。下の卵の、1.5倍くらいの重さ!?
タグ:繁殖
posted by 宮っ子 at 19:54| Comment(5) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

スペングラーヤマガメが欲しい!

1112280002.JPG
 
最近、アジアのカメがよく輸入されていると書きましたが、もっとも気になっているのがスペングラーヤマガメです。陸棲のカメとしては異例の軽量化、まるで節足動物のようなその動き。大きくなり過ぎず、エキゾチックな魅力満載なのですが、どうしても気になるのが高温耐性ですよね。

亜熱帯でも、比較的標高の高いところに棲むとされ、日本の猛暑ではちょっと辛そう。ウチは夏もほとんど冷房をつけない(!)ので、カメはみなベランダに出すわけですが、35℃くらい行ってるもんなあ… モエギはなんとなく行けそうな気がしてるのですが、スペングラーはちょっと辛そう。なのでずっと、二の足を踏んでいる種類です。ああ、飼いたい!
posted by 宮っ子 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

期待のアジアンズ! トゲヤマガメ、スペングラーヤマガメ、ヒラセガメ!!

1204030012.JPG

最近、アジア産のカメがたくさん輸入されたようですね。ショップのHPを見ると、似たような入荷が多くの店で見られます。季節的なものかな!?ともかく、最近は輸入量が少なくなっていたアジア産のカメ類が見られるようになったのは、ファンとしては嬉しいことです。気になったのは、以下の種類。
 
1.トゲヤマガメ
幼体の特徴的な形によって、古くから輸入されていた種類です。飼育が難しいと言われますが、丈夫なアダルト個体が入っているようなので、安定していれば大丈夫そう。あのトゲトゲ、大人になっても残ってればいいんだけどなあ・・・
  
2.スペングラーヤマガメ
手の届きやすい値段だけど、とにかく出足が早い。入荷したと思ったらすぐに完売のショップ多し。生態的にすごく特異だし、日本の天然記念物、リュウキュウヤマガメに似てるからそそられますよね。難点は、夏の暑さでしょう。ひと夏、クーラーつけっぱなしは、ウチには辛い!
 
3.ヒラセガメ(モンホットハコガメ)
一昔前までは1属1種で独立した属でしたが、最近はCuoraとしてアジアハコガメに含める説が主流のようですね。うーん、外見的にはセマルやミスジとは、とても一緒には思えないんだけどなあ・・・ かと思えば、ケヅメやアルダブラのいたリクガメ属はものすごく細分化されたし、学者の考えることはわかりません!ムオヒラセガメ、オプストヒラセガメ、オプストのほうがゴツくて好みかな。
 
4.シロアゴヤマガメ、ヒラタヤマガメ
ちょっと前までは幻とされていた種類。現地の生息場所が分かったのか?少し姿を見るようになった。けど、IUCNのレッドリストでもかなりヤバいらしい。
 
と、最近気になるのはこんな感じ。でも新入りのモエギハコガメもいることだし、今年は現在いるハコガメたちで、繁殖体勢を強化しましょう!
posted by 宮っ子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

モエギ新顔、見参!!

1204040005.JPG
 
新年度になって、我が家は新しい仲間を迎えました!クロハラモエギハコガメの、オス個体です。すでにオスは1頭いるのですが、このべったり乗った黄色ときたら。いかにもオスらしい色ですよね。甲羅もすごく綺麗で、観賞用としても十分通用します。

モエギって、けっこうバリエーションありますよね。スタンダードな茶系から、オレンジ系。さらには赤(!)や今回の個体の黄色系まで、かなりバリエーションが広いです。ともするとアメリカハコガメなみの、多彩な色彩がモエギハコガメの魅力です。

ケージに収容し落ち着かせると、首を伸ばしてあたりを伺っています。状態も良さそうなのでジャイアントワームを与えると・・・ 食べた!先に来た3個体は動物質より果物を好みましたが、この個体は昆虫食の傾向が強いようです。いろいろ与えながら、様子をみましょう!
1204040004.JPG
 
1204040001.JPG
posted by 宮っ子 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | モエギハコガメの囁き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

自作爬虫類カメケージの造り! ハコガメ専用

1204010002.JPG

秘蔵の(?)スペシャル自作ケージ、大公開です。

ホームセンターで売っている板で箱状のケージを作り、中にプラ段(プラスチック段ボール)を。ハコガメは脱走もうまいので、淵をプラ段で"ネズミ返し"状に覆ってしまいます。

これは、何かあったとき用の隔離ケージ。真ん中に仕切りを配置し、発情した個体や元気のない個体の、隔離部屋として使う予定です。備えあれば、憂いなし!
posted by 宮っ子 at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 飼育環境・餌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

カメたちも、新生活!?

1204010003.JPG

4月ですね!4月と言えば、新生活。進学や就職などで、新しい生活を始められる方も多いことでしょう。

我が家のハコガメたちも、今日から新生活です!温室を新調し、一回り大きくしました。そして、中の木製ケージも制作。綿密に計算し、ベストな大きさのものを制作することができました。材料の調達から組み立て、仕上げまでまる2日(!)かかったけど、だいぶひろびろとして、カメたちも満足そう。

これから、我が家のハコガメたちの新生活が始まります!

1204010005.JPG
posted by 宮っ子 at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼育環境・餌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする