2013年07月29日

カントンは、2クラッチで終了―

1307290006.JPG

さて、夏真っ盛りの宮っ子ベランダ。ウチの繁殖チームはというと… 抱卵中はトウブのみ、もう彼らが最後かな。3クラッチ目を期待したカントンは、どうやらもうないみたい。食欲はバリバリだから、持ってもいないんだろうなあ。今年はあんまり卵は多くなかったけど、そのぶん有精率が高い!元から割れてた1個を除けば、パーフェクトではないか?クラッチ数、産卵数は多くなかったけど、卵の大きさはなかなかのもんだったし、質としてはよかったのかな。

画像は、久しぶり登場のオスカントンの様子。強い日差しを避け、スダレの下で今日もカメプロスが落ちてくるのを待っています。
posted by 宮っ子 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の江の島を、楽しみ尽くせ!

1307270003.JPG

江の島名物、シラス丼!老舗の料亭のランチメニューで

週末は高校の友人たちと、湘南へ海水浴に!いやあ、実に6年ぶりだった。前回海に入ったのは、2007年の千葉・白浜海岸の合宿だったな。

今回行ったのは、江の島の東浜海水浴場。今年は、海水浴のために予め日焼けしておいたから、火傷することもなく夏の日差しを堪能!しかもこの1か月で走り込みをしておいたので、夏ボディも準備万端だ(笑)
今回は東浜海岸のすぐ近場、「ニュー向洋」にチェックイン。海沿いだけあって、水着で出かけられるのが最高だね。海で遊んだあとは、江の島へ。江の島神社へ参拝したり、参道でご当地の海の幸のお土産を選んだり。夕方の蝉時雨、趣があってよかったなあ…
翌日は長谷寺の大仏を見て、逗子へ。途中参加の友人と合流し、地元の海鮮丼を味わって、逗子の海水浴を堪能してきました。ホント、高校時代に戻るね!週末で、この夏の英気を養えたような気がしたよ。

1307280051.JPG

7年ぶりとなる、鎌倉の大仏にて

1307270038.JPG


東浜海水浴場での、1シーン


1307280057.JPG

鎌倉大仏にて、巨大草鞋

1307280064.JPG

○ッキーマウスを作った、友人S… ではない。すでに誰かが作っていた
 
1307280099.JPG

高校テニス部の友人で、2013海の記念撮影
posted by 宮っ子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

配合飼料に、餌付く者−

1307230001.JPG

どうしたことだろう?最近宮っ子のところでは、配合飼料に餌付く者多数。もとはワイルドと見え、何年もいても一向に単体の配合飼料を食べず生エサのみだった親亀たちが、次々と配合飼料に餌付いている。
評判のいい筆頭は、カメプロス!過去にも紹介した、お勧めの餌だ。これを動かす必要もなく、置き餌で不自由なく食べてくれているのだ。

環境に慣れてきたというのも、あるのかなあ。それと、やはり夏の高温多湿。基本的にハコガメは、湿度が好きだ。春先の低温期にはいまいちだった食欲も、気温の上昇とともに上がってくる。

もちろん配合単体だと生のビタミンが不足する。しかし全体的にバランスが取れてるのは間違いないし、何よりも飼育者の気が楽!飼育を成功させるのって、利便性というのも大事な要素だと思うんだ。
宮っ子のスタイルは、配合メインに、バナナや牛ハツ・ワームを副食に。昔に比べこれでここ数年、明らかに有精卵の確率が上がっている。
もう産卵を終えたものが多いけど、夏場に栄養を蓄えるには、今の時期の給餌が欠かせないね。毎朝早起きして、明日も世話に精を出すのさ!
posted by 宮っ子 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

今年は、泊まり!ジャパンレプタイルズショー2013(JRS)。

1208040174.JPG

イベント名物、Herptile lovers の剃り込み

いよいよあと2週間を切った、ジャパンレプタイルズショー2013。去年の興奮から、もう1年か… 長いようで、あっという間だったような。宮っ子が初めて行ったのは、10周年となる2011。モロクトカゲが来てた時だね。あのときは特に買う予定もなかったんだけど運命的な出会いをしたり、一日中歩き回って、それはもう興奮の一日だったっけ。

去年の2012も、よかったなあ。去年は翌日に浜松で後輩の結婚式があって、浜松に泊まったんだ。去年も大物をお迎えできたし、荷物は引き出物と合わさって劇重(!)で猛暑で、ヘトヘトになりながら帰ってきたんだっけ。懐かしいなあ…

今年は満を持して宿を取り、3回目!思う存分、堪能してくるのだ。宮っ子をご存知の方は、ぜひお声掛けを!
鰻は食べたいけど、高騰してるからちょっとキツいねえ…(笑)
posted by 宮っ子 at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

遅延白濁…とでもいうのか?

1307210018.JPG産卵して一週間近くたつ卵。生まれるなり一様にオレンジ色で、卵黄の沈降もなし。また来年… と思っていたら、どうしたことか。ひとつだけ、白濁が始まった。

でも、広がりが遅い… こういうのはダメな場合が多いんだよな。
でも、前例が無いわけじゃない。カメに、いや、神に祈り届け!
ラベル:繁殖
posted by 宮っ子 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

カントンの糞が絶好調だ!

1307210012.JPG

今日は、ちょっと下のお話を…

最近、カントンの糞がめちゃめちゃ調子いい!しっかり消化されていて、水棲ガメながら固形に近い糞をする。今までは、違ったんだ。配合を与えると、ボソボソッと崩れただけのような糞をし、牛ハツを与えると、表面にカビが生えたようになって、原形をとどめたまま出てくる。そして、後頭部に脂肪が、なかなか乗らないんだ… 栄養状態が十分な個体はここに肉が乗り、張りのある頭になる。それが、痩せている個体とあんまり変わらなかったんだよね。

それをかかりつけの獣医さんに相談したところ、もらったのが整腸剤。いわゆるプロバイオティクスというやつだね。犬猫用の製品らしいけど、カメに使っても大丈夫!これを餌に混ぜて与えたら、最近、フンの調子がすこぶる良い!そして心なしか、後頭部に肉が乗ってきた気がする。

これまで、消化不良だったんだね、きっと。栄養つけて、3クラッチ目は行ってくれるか?もっと、早く気付けばよかった!
posted by 宮っ子 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

トウブ、第2チームも産卵始まる!

1307180008.JPG

アジアン系が第2繁殖期の狼煙を上げた中、続くはアメリカチーム。我が家で初産卵となる、"Yellow!Yellow!Yellow!(仮称)"です。昔飼っていた、「巨匠、逝く−」に生き写しのトラ柄個体。こいつに出会ったときは運命だと思って、感涙を禁じ得なかったものだ。
こやつ、すでに成熟してるくせに甲長は12pあるかどうか。ちんこい体だからか、卵もちんこい!でも4つとは、なかなかやるね。良くて3つ、普通なら2つくらいかと思ってたよ。
 
ちょっと前までジャイミルしか食べなかったけど、夏に入ってから鯉の餌にも慣れてきて。こうなると、絶好調だし何よりも飼い主が楽になるよね!さあ、2クラッチ目はあるかな?

tobu.JPG

ドヤ!のトラ柄。子はどうなるかね?
ラベル:繁殖
posted by 宮っ子 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

こっちでも、第2シーズン−

1307170008.JPG

2つ見える

先日、広豚が第2クラッチを産卵したのに続き、第2号も産気づいて。よくある夕方からでなく、ふと早朝に産室を覗くとこの状態でした。
 
無加温飼育チームは6月より、7〜8月が産卵のピークシーズンとなるのかな。冬眠明けの遅かったアメハコ第2チームも、もう間もなく。梅雨明けとともに、宮っ子にはもうひとつの夏がやってきています。ここ数日涼しくて、カメも過ごしやすそう。

1307170011.JPG

ヤバイ、宮っ子ニ見ツカッタ!急イデ隠セ隠セ!
posted by 宮っ子 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

いつの間に?広豚、2発目―

1307160010.JPG

まるで、カブトムシの蛹室のよう。あいつらも、隅が好きですよね

数日前から産室に置いておいたカントン、ふと見ると壁際に何やら白い影が。最近土を盛ったときに、なにか紛れ込ませたかなあ。1日以上気にしていなかったものの、よく見ると、おや?!卵ではないですか。知らぬ間に産んでたのか!
前回といい、そぶりもなかったから全然わからなかったよ。でも移動してからドンピシャだね!前回から、ほぼ1か月の間隔だ。

早速掘り出すと、あれれ、浅いねえ。2pも掘らないうちに、卵の上が見えてきたよ。やっぱり端っこだから産みづらかったのかな。掘り返すと1,2,3… 
おお、6個!前回が3個だから、まずまずの数値だね。去年は最高7個とかあったけど、このくらいがカントンのデフォルトなのかな。昔飼ってた日本のクサガメは、同サイズで11個とか産んでたんだけどね。

春先に交尾も成功しているので、有精率はPERFECT!ここからが勝負。性別は、メスになりそうか?これから暑いからねえ。室温に置いといても、ゆうに30℃は超えちゃうもんなあ。

1307160012.JPG

卵を洗うと、白濁のバンドがくっきり。これは、2日前の産卵かな…
posted by 宮っ子 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

ウォーターランドタブで産卵、だめだこりゃ!!

1306230008.JPG

陸場を土で盛った当初。行けるかと思ったんだけどねえ…

屋外のウォーターランドタブの産卵場所に土を盛り、産卵を待っていたんだけど… だめだこりゃ!

まず、カメがパワフルすぎる!キボシイシガメとかニオイガメ・ドロガメみたいな小型のカメならいいんだけど、ウチで入ってるのは甲長20cm以上のカントンとかだからなあ… 綺麗に産んでくれるかと思ったけど、甘かった。陸場に上がって土を掻き掻き、水場にこぼすわこぼすわ。ヘドロみたいに溜まって、気付いた時には1p超!やつらにはタブでの自然産卵は、無理だねえ。
これきっと、もっと小さい種類でやんないとダメだと思う。ということでカントンらのウォーターランドタブチームは、もとの板張りの陸場に元通り。産卵期は土を盛った衣装ケースにお引越しで、過ごしてもらうことになりましたとさ。
posted by 宮っ子 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

暑さなんて、へっちゃらだぜ!

1307060003.JPG

関東は、梅雨明けしましたね!というか、梅雨明け宣言せざるを得なかったという感じ。5日くらい晴れて、その先も晴れて、これもう明けたんじゃないの?みたいな。昨日から猛暑続きで、日中は外出がおっくうに。

そんな猛暑もものともしない、屋外ベランダのハコガメチーム。確かに暑そうだけど特に食欲が落ちた様子もないし、元気いっぱい!これは、モエギチームの様子。先日、ようやく肉食オンリーを脱した"越南の黄虎"も、暑くなるにつれ食欲倍増!ついに配合飼料単体に突っ込んでくるようになりました。
奴ら、どうみても暑さに弱くは無いね。前にも書いたけど、きっと初期状態が悪すぎてどうにもならなかった頃の風説だろう。もちろん40℃とか行ったらレッドゾーンだけど、35℃くらいでもなんともないからねえ。

絶好調のハコガメたちとは対照的に、連日の猛暑に世話がだれてしまいそうな宮っ子。気合を入れるべく、今日は奮発して、老舗の鰻を頂いてきたのでした。

1307070007.JPG

最近、高くなったよねえ… なかなか手が出ないけど、七夕記念で鰻をいただく
posted by 宮っ子 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | モエギハコガメの囁き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

来年に向けて準備−

1307040002.JPG

今年は、フロリダが不調だねえ… 卵の数も少ないし、クラッチも少ない。3回目は3か月以上産まずに持ってたし、結局発生は進まず。その年によって当たりの種はあるけど、安定してるのとしてないのがいるね。唯一、ミツユビが安定しているのかな。

そんなこと言ってても仕方ないので、来年に向けて交尾をさせます。別々に飼ってる雌雄、一緒にしたら水をベチョベチョに撒いて、一気に湿度を高める。すると盛るオス、多数!そして最近は、別のワザを試みています…
posted by 宮っ子 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

やっときたぜ、第2繁殖チームのトウブ!

tobuYY.JPG

7月になって、ようやく来たぜ!5月中旬まで、遅い冬眠明けにしていたトウブたち。ウチの祖父母は那須塩原のほうなので、けっこういろんな温度帯で管理できるのだ。

第2繁殖チームは広豚(カントン)が1クラッチを産んで以来寂しい日々だったけど、ようやくトウブがご懐妊!しかも2頭同時に来たもんだ。やっぱり同じころに掘り出すと、同じころに卵を持つね。産卵は、あとちょうど2週間後というところかな。ウチでは、卵が形作られてから2週間。クラッチ間は、16〜18日というのがミツユビやトウブの定番。

残念ながら、去年迎えたモエギメスは産卵はなさそうだけどね… このトウブたち、産卵が7月17日ごろとすると、孵化は多分9月15日ごろ。2クラッチ目はそれから2週間強あとだろうから、その辺までは、ぶりくら&とんぶりに間に合いそう?今年はぜひ、ブリーダーズイベントへ初出店するぞ!
posted by 宮っ子 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

は虫類専門誌 クリーパーNo.66レビュー!

1306300004.JPG

ようやく今号も届いたよ、クリーパー。待ったなあ・・・ 最近は一か月遅れが、デフォルトになってるよ。しかもショップのほうが、入荷が早い!一年分定期購読なんだから、そこは頼みますよ・・・

1.ミミナシオオトカゲ、ついに来日!
 
なんなんだ、この珍妙な生き物は!トカゲに明るくない宮っ子、そんな生き物がいるらしいことは知っていたのだが、どんな生物かは全く知らず。和名からしてモニターの仲間かと思ってたけど、こりゃぜんぜん違うね。本文中にもあるけど、サンショウウオとドクトカゲとワニトカゲとアナコンダを足して4で割ったような?しかも木登りが上手だとか、なんなんじゃい。
餌を採るシーンも貴重らしいが、それじゃあこの木登りの写真はそれ以上じゃないの?相当粘ったんだろうなあ。

2.繁殖最前線
数年前に入荷があったきりの超珍トカゲ、コブハナアガマ。それがしっかり殖やされて、すでにF2も視野に入っているなんて。こりゃあとは成熟を待つだけ、時間の問題だね。欧米の最先端マニアにも引けをとらない、日本の底力!
そして、アッサムセダカガメ。オスの多頭キープが印象的だった。ふつう、オスって1匹いればいいってなりがち。それが一番、効率的だから。でも、盛らないオス、少なくないんだよね!それを競わせ、ペアリング。優劣は絶対的なものではなく、相対的なものであって、他のオスを追い払えれば、自分に自信がつくみたい。
ウチのアメハコはミツユビ以外単独オスだから、ちょっと異亜種でけしかけてみようかねえ。

3.イベントレポート
今年もシーズンが始まった!すでに東レプ、九レプ、ペット爬虫類コンテスト… 特にコンテストは、群馬なのによくみなさん行くよ。しかもこれで13回目!ようやくこの趣味が根付いたころからあそこでやってるなんて、すごいことだよね。


さて、今後の宮っ子は、JRSへ参戦予定。ホテルは取るか?取るまいか?去年は朝から行ったけど、1日じゃあちょっと足りなかったもんなあ。今年は法令改正もあるし、動きを見定めるため、ガッツリ行ってこようかな?
posted by 宮っ子 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦慄の書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする