2015年06月30日

モエギを死なせてしまった。

1204010003.JPG

温室の構造。3段で、ヒーターは最下段。上へ暖気が上昇する


好結果に繋がりそうな種も多い2015年シーズンだが… 実はだいぶ前に、過ちを犯してしまっていた。モエギを1頭、死なせてしまったのだ。去年の夏にやってきて以来全く餌を口にせず、ようやく冬に餌を口にし、じっくりと立ち上げてきた個体だ。

最近の体調は、抜群だった。死なせた原因は、蒸れた高温に曝してしまったこと。今年の5月は晴れの日が多く、後半になると最高気温がぐんぐん上がっていった。それに対応して、基層温度を支えるヒーターを切った。温室内の保温スポットライトを、熱放散の少ないスパイラル蛍光灯に変えた。ここまではよかった。
しかしキレーネの導入が、状況を変えた。3段の温室の最下段に、キレーネを配置した。最下段は、キレーネにはいまいち低い温度だったので、スポットライトを再導入した。そして、ガラス戸を締め切ったままにしたのだった。

5月前半は、それでもよかった。外気温がそこまで上がっていなかったから。しかし外気温が上がった後半になっても、同じ管理を続けていた。それが特に気温が上がった5月末のある日、床材にたっぷり散水して出かけた。すると高い外気温とホットスポットからの暖気上昇により、モエギの段の温度が急上昇。水の撒きすぎと相まって極度の蒸れに曝してしまい、死に至らしめてしまった。メモリー機能付きの最高最低温度計は当日、35℃を記録していた。

明らかに異なる温度帯を好む種を同じ温室で管理すること自体、無理があったのだ。いや仮に同じ温室でも、モエギの段のガラス戸を開けておけば、暑さに曝さずに済んだ。多少暑くても水を撒き過ぎなければ、蒸れは防げた。ちょっとの想像力があれば、防げた事故だった。何でそれができなかったのか?なぜ、おかしいと思わなかったのか???自分で自分が情けない。拒食から立ち上げた、思い入れのある個体。最近は顔を見れば寄って来るまでになったのに… 
異なるタイプの種を導入するということが、どういうリスクを招くのか。キレーネが奇跡の入荷だからと安易に飛びついたせいで、環境を整備する意識が追いついていなかったということだ。死なせてしまったモエギに申し訳なくてならない。

不幸中の幸いなのは、同段の他の個体は大事に至らなかったということ。まだ十分に太っていない個体が、坑道のカナリアになってくれたのだ。本当に申し訳ない思いでいっぱいだ。しかし彼の死から、リスク管理の甘さを痛感した。季節と共に状況は刻々と変わることを、嫌というほど思い知らされた。ひいてはさらなる意識の向上で、残った個体たちを健康に育て上げるのが、せめてもの弔いとなればいいのだが…

1502210016.JPG

初めて、全身を出してくれた頃の写真


1501200001.JPG

初めて餌を食べた時。嬉しくて激写してしまった


1502170024.JPG

在りし日の、モエギ太郎
posted by 宮っ子 at 21:17| Comment(10) | TrackBack(0) | モエギハコガメの囁き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カブトムシに、学ぶもの−

1506290003.JPG

最近、カメ以外の生物についても興味を広げている。理由は、別角度からの視点を養うため。亀の飼育についてはいろんな書籍が出ているものの、やり方は飼育者によって千差万別だ。熱帯魚出身の人は水質の管理が上手いし、クワカブ出身の人は腐植土のスペシャリスト。意外なアイテムを爬虫類に転用していたりと、ほぼカメしかやったことがない宮っ子には目から鱗のテクニックが、意外なとこに存在するのだ。

今回手に取ったのは、誠文堂親光社による「カブトムシの飼育」。植物防疫法の緩和に伴い1999年から輸入が解禁された、外国産カブトムシの飼育繁殖マニュアルだ。ヘラクレスオオカブト、ネプチューンオオカブト、アクテオンゾウカブト… 小さいころは絶対に飼えなかった種類がこの10数年のうちに輸入・飼育法が確立され、脈々とブリードされてるのにびっくりした。
でもとりわけ驚いたのは、彼らの飼育温度。爬虫類飼育者にとっては低すぎる20〜25℃程度を推奨される種類が、とても多いのだ。緯度としては熱帯地方に多い甲虫類だが、高標高に棲むものも少なくない。こういう地域は、気温の年較差が小さい低緯度地方の気候がそのまま下がった気候となるため、暑くもなく寒くもない「常春」の気温が、年間続くのだそうだ。

なるほどね… 「暑い地方のカブトムシ」と漠然とイメージしていたが、ただの無知であったことを痛感させられた。低緯度地方でも暑さに弱い種類は、たくさんいるのだ。かつ、低温にも曝されない連中が。夏は猛暑、冬は厳冬という最近の日本の気候では、明らかに難しい仲間と言えるだろう。
 
しかも森林棲とくれば草原に比べますます気温の上下は緩和されるし、安定した気候になるのだろう。分布は異なるがこのへんのイメージは、モエギハコガメやジャノメイシガメに共通しそうな気がする。
 
まだまだ分かってないことが多い、亀の世界。一足先を進む虫の世界から学ぶことは、多そうだ。
posted by 宮っ子 at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

あの拒食は、何だったの?

1506280073.JPG

最近、異様にキレーネの記事が多い… 気に入っている証と言うことで


6月の中旬、サニーレタスで劇的な拒食打開を果たしたキレーネ。その食欲は留まることを知らず、どんどん上向いている。当初はサニーレタス以外食べなかった個体も、チンゲン菜や小松菜と刻んで与えるうちに、単体でも食べるようになってきた。残していた茎も、今ではペロリ。嫌っていたカルシウムふりかけも気にせず、餌皿は連日カラッポに。

なんなんだろうねえ… やっぱり輸送のショックが大きかったんだろうか。そりゃそうだよなあ、何日間もの間飲まず食わずで、暗く狭い空間に押し込められていたんだから。自分がそんなことされたら、気が滅入ってしまいそうだ。リビアからはるばる、よくやって来てくれたと思う。

夏場はしっかり喰わせて、体力を付けさせよう。現地ではほったらかしになってたようで、まだ軽いのもいるからね。課題は、冬だ。温暖な地域に生息するため、キレーネは冬眠しないという情報がある。どこまで現地を再現し、どこからは飼育環境に馴染んでもらうのか… こういうののさじ加減が、腕の見せ所。難しくもあり、楽しいね。
posted by 宮っ子 at 14:01| Comment(6) | TrackBack(0) | キレーネギリシャの導き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

なぜ、お主まで・・・

1506270007.JPG

予定日を3週間も過ぎて、産み落とし。ダメだこりゃ

今年は好調な種もいる一方で、初めてのトラブルに見舞われている種も少なくない。卵を、産まないのだ。今まで一度のミスもなく、正確に産卵してきた個体たちが、まったく産んでくれないのだ。

筆頭は、カントン。5月に産卵するはずだったが、予定日を2週間過ぎても3週間過ぎても産まず結局、産卵促進剤での強制排卵となった。昨年の改善結果が出たためか全て卵黄が沈んでいたが、長い間腹の中に持ち続けたせいか、発生途中で半分が脱落。しかも過去最少の産卵数と来たうえ、2クラッチ目もなさそうだ。

そして困るのが、ミツユビ♀2号。自家産CBで飼育下に完全適応してきたはずだが、今年は一時穴を掘っていたものの、全く産む気配なし。1月くらいして先ほど1つ産み落としていたが、既に割れていた。ユカタンときたらもう3か月持ってるし、オキシトシンは効かないし、もう好きにやれという感じだ。

全体的には、まあまあだと思う。でも予期せぬ産卵トラブルが多いのも、今年の特徴。改善には努めてきたつもりだが、野生動物を人間の思うようにコントロールしようというのは、本当に難しいことだと考えさせられる。
posted by 宮っ子 at 19:25| Comment(6) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

エガちゃんに、逢いに行く。 −2015夏レプ

1308040165.JPG

曇天ばかりで、パッとしない日々が続く。夏であることを忘れるくらい涼しいけど、もう6月も後半なんだよね。ということは、JRS2015まで40日!真夏の爬虫類マニアの祭典が、そこまで迫っている。

今年は2年ぶりに、泊まりで行く予定。目的はもちろん、エガちゃんだ!これまでのゲストは知名度はあっても、自分としてはいまいち食指が動かなかった。でも、これは見たい!暴れっぷりを見届けたい!エガちゃんて細長くて手足が長くて動きがカクカクしてて、どこかトカゲっぽいとこがないかな?小顔だから、イグアナ科かカナヘビ科的な。爬虫類とは、抜群に相性がいいはずだ!大蛇もオオトカゲも、物ともしないんだろうなあ…(笑)白輪氏も、意外なところに目を付けたもんだ。

マニアとしていち早くチェックしたい1日目と、ゆっくり楽しみたい2日目。泊まれば時間に余裕もできるし、学生時代の思い出の地も、巡ることができそうだ。もう、宿は予約してある。この夏は静岡で、爬虫類の祭典を楽しみ尽くしたい!

1308040118.JPG

豚も走る、JRS。もう何でもアリだ
posted by 宮っ子 at 21:23| Comment(6) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

許そう、原虫は。

1505220009.JPG

先日おぞましい数の蟯虫が出てきたキレーネギリシャ。投与した駆虫薬の効果が気になって、また病院へ行ってきた。いくつかの糞サンプルを持って。

結果、持っていったサンプルから蟯虫は出なかった。投薬の効き目には個体差があるようで、たまたま1個体から出てきたということらしい。生きて出てきた回虫も、虫体がドでかいから死ななかっただけで、弱って排泄されたということのようだ。

だが、原虫はいた。顕微鏡で見せてもらったら(小さくて肉眼では無理)、あらまあお元気遊ばせ!丸っこいミジンコみたいなのが、レンズの向こうでピンピンピン。原虫の根絶は、難しいらしい。それこそ毎日、投薬しなければならないと。しかし自然界ではある種の共生をしてることは事実だし、生体にも害を与えない数まで減らすことは可能だ。線虫や回虫みたいなグロさもないなら、ある程度は受け入れるべきなのかもしれない。家畜化されていない、ガチ野生動物を完全に人間の思い通りにコントロールすること自体、ムリな話なのだ。

今回のキレーネ導入で、久しぶりに動物病院へ行った。こんなに動物病院へ通ったのは、21年の飼育歴でも初めてだ。先生とやりとりするうちに、医学的な専門知識もだいぶ蓄えることができた。野生動物の扱い方について考える、本当にいい機会になった。異ジャンルのリクガメの知識・技術から、ミズガメ系へのインスピレーションも得ることができた。管理が煩雑になることを恐れてリクガメ界への進出は躊躇していたが、得るものはとても多かった。リクガメについてはまだまだ初心者だけど、陸系と水系の相乗効果で、飼育レベルを上げていきたいね。

1505170047.JPG

でもお前は許さん。グロい!グロすぎる!!回虫め。
posted by 宮っ子 at 21:33| Comment(8) | TrackBack(0) | キレーネギリシャの導き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

22年目の夏−

1506200004.JPG

キレーネらの書くことが多くて、ご無沙汰になってたが… 宮っ子の本職は、やはりアメハコ。今年も続々、産卵進行している。

今年先陣を切ったのは、ミツユビ♀1号「下野の、女カメ番長」。今から21年前の初夏に買った、サイテス前の生き残りだ。このミツユビは最古参だというだけあって、いろんな思い出がある。当初はリクガメと思って買ったこと、初めての冬眠をクリアしたこと、水場で溺れかけたこと。頑なに交尾を拒み続けたが、ある朝あっさりと初成功したこと。日韓WCの最中に初産卵し、無事ベビーの顔を拝めたこと。学生時代のベランダ飼育中、産む場所がないにもかかわらず、捨てようと思った土を詰めておいた隅のビニール袋に潜り込み、強かに卵を残していたこと。もう人生の2/3を共に過ごしているわけで、最も思い入れのある個体だ。

やってきたころは、まだ若かった。ウチに来て5,6年は成長を続けてたし、たぶん来た当時で10歳くらいだったんだと思う。それから、21年。ほとんど自分と同じ年齢だ。20年というとすごい飼育歴のように感じるが、もともと長命なカロリナハコガメ。30歳なんて、女盛りの真っ最中だろう。いや、まだ乙女のレベルかもしれない。
今年もまた、無事に産んでくれた。気を抜かずしっかりと、2ヵ月後の孵化を目指したいね。
ラベル:繁殖
posted by 宮っ子 at 08:03| Comment(8) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

ざわ・・・ざわ・・・

1506170012.JPG

藤原竜也主演の映画版だと、ざわざわざわざわ… ざわざわざわざわ…
白っぽいの、ぜんぶ無数の小さな線虫


餌も食べだし順調に立ち上がりつつあるキレーネだが… 拾ったばかりの糞を見てみると、驚愕の現実が!出たばかりの糞が、ざわ・・・ざわ・・・ 真新しい糞に、無数の線虫が蠢いて(うごめいて)いるではないか。

駆虫は、確実に行った。獣医さんに指示された通り、2回駆虫薬を投与した。しばらくは餌を食べてないせいもあり糞すら見る機会も無かったが、最近餌を食べだしたためか、今日初めて見る糞に… 無数の線虫がざわめいているではないか。
あああ、おぞましい!この世の悪夢!しかし怖いもの見たさで探ってしまうのが、この道の常。大きさは揃っており、導入当初に出てきた8mmくらいの奴というよりは、3mmくらいの子虫と言っていいサイズ。これだけ大きさが揃っているということは、ある意味駆虫の成果が出たということか?虫体は死んだけど、卵は生き残ってたみたいな。
 
いずれにしても、おぞましすぎる。週末には動物病院を予約して、一刻も早く駆虫薬を貰おう。女性が好むリクガメだけど、こんなん見たらショック死する人出るぞ、ほんと…

1506170013.JPG

雌2個体。このどちらかが出した。両方、持ってるか…
posted by 宮っ子 at 22:38| Comment(8) | TrackBack(0) | キレーネギリシャの導き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

劇的な、暗黒打開− キレーネギリシャ

1506140028.JPG

とても気に入っていたメス個体。1か月ぶりの食事だ!

1月前にやってきたキレーネたちだが… 大きな問題があった。拒食だ。
しっかり食べる個体もいた。しかし半数が、餌をまったく口にせず。来た当初にちょっと齧ったくらいで、一向に餌を食べない日が続いていた。食べる個体はしっかり食べるから、環境に問題があるとも思えない。眼差しも動きもしっかりしてるし、いったい何が気に入らないんだろう…

藁にもすがる思いで、リクガメの経験豊富なカメ友さんに教えを請うた。すると意外な返答が!リクガメの野菜として鉄板のチンゲン菜・小松菜コンビは、嗜好性に優れないという。野菜の中で好評なのは、ダントツでグリーンリーフレタスというではないか。いやあ、野菜はどれも似たようなもんだろうし、グリーンリーフにしたところで変わるはずが…

しかし、効果は激的だった。鮮やかなフリフリのグリーンリーフ、初めは慎重に匂いを嗅いでいたキレーネだが、堰を切ったように食べ出したではないか!それも拒食個体が全頭、モリモリと。元から食べていた個体も、争うようにむしゃぶりついている。衝撃だった。草食に特化した群というだけあって好みは様々だということを、まじまじと見せつけられた。

リクガメはハコガメ系の感覚では測れない群だということを、何もわかっていなかった。しかし一度食べだせば、その他の餌への移行は時間の問題だろう。ああ、よかった… もしゃもしゃと食む姿こそ、リクガメの醍醐味だからなあ。この1か月の胸の支えが、ようやく取れた。これから、暑くなる。夏の暑さを、しっかり食べて乗り切ってほしいものだ。

557D53E5.JPG

全頭、信じられない勢いでモシャモシャと。これがリクガメの本来の姿

1506140086.JPG

奴らの通った後には、何も残らない
ラベル:立ち上げ
posted by 宮っ子 at 19:19| Comment(16) | TrackBack(0) | キレーネギリシャの導き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

すごく・・・大きいです・・・

1506080013.JPG 
1個、16.7gという計算 
なにやら不穏なタイトルだが… いかがわしい話じゃない。最近産まれた、ジャノメイシガメの卵のことだ。

 今回は幸運にも産卵の現場に居合わせることができたのだが、見た瞬間、驚いた。大きい!ものすごく、卵が大きい!メスの甲長は、13cmほど。しかし卵が、直径42mmもあるのだ。横も26mmと、けっこうな幅だ。
これ、ウチでいうとほぼミスジの卵サイズ。甲長22cmのミスジと、一緒だよ?それがこの小さな体に、3つも入っていたなんて。カントン、ミスジあたりのアジア勢は大きな卵を産むけど、図体もデカいから、そんなもんかと思ってた。でも、ジャノメイシガメまでデカイんだなあ… これには驚かされた。 

他に特筆すべきは、殻の固さ。まるでリクガメのような硬質の殻で、卵同士がぶつかると甲高い音で「カランカラン」。これはカントンやミスジも同じなのでなんとなく想像はついたけど、アメハコ歴の長い宮っ子には、改めて新鮮に感じた。
そして、卵黄の沈み方。アメハコなんかだと下一面に卵黄が一様に沈むものだが、ジャノメは下の中心に集まるんだよな。これはミスジに非常に似ている。なので有精卵であることが、すぐにわかった。 

国内繁殖例は少ないようだが、ないわけじゃない。管理の手を抜かず、数ヵ月後に無事ベビーの顔を拝みたいものだね。 
1506080015.JPG
左…ミスジ。右…ジャノメ。なんとジャノメの方が長い
1506080020.JPG
左の1個が、ミスジ。右3個が、ジャノメ。体格は天と地の差があるのに、卵はほとんど変わらない!

1503240006.JPG
ほぼ同サイズ、ユカタンの卵。一様に沈む

misuji.JPG

ミスジの卵。中心がストンと沈む

1506080009.JPG

これがジャノメ。ミスジと同じ沈み方をする
posted by 宮っ子 at 08:39| Comment(14) | TrackBack(0) | ジャノメイシガメの煌めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

ジャノメ、渾身の産卵!

1506080005.JPG

この卵!体に比して、とんでも無くでかいぞ


先月抱卵したジャノメ。毎日楽しみに産室を覗くも、一向に動きはナシ。遅いなあ… 大丈夫かなあ… そろそろ産卵促進剤投与が脳裏をよぎり始めた今日、ジャノメが産卵した。

時間は、18:45ごろ。やや掘り始めたか?というくらいで、見ている前ではなかなか動きがない。しかし晩御飯を作って洗い終わってから、19:20ごろに何気なく覗くと… おおお!卵だ!真っ白の卵が、穴の中に積み重なっていた。驚いたのが、穴が浅いこと。一番上の卵はほとんど地面スレスレで、埋め戻すのも難しいくらいだった。
さらに、一連の行動がすごく早い。掘り始めたかと思ったらあっという間に穴ができてて、いつの間にか3つとも産まれていたのだ。

ああ、嬉しいねえ… ジャノメの産卵は、初めて。しかも日本では繁殖例が少なく、よくわかってないカメの1種だからね。昨年からあらゆる種の飼育環境を見直してきたが、これでこいつも成功したら、かなりの自信になる。孵卵条件もぜんぜんわからない中、どうしようか… ここからが勝負、腕の見せ所だ。孵化まで2か月か?3か月か?今年の夏は、楽しみがたくさんだ!

1506080009.JPG

来たぜ!有精卵

ラベル:産卵
posted by 宮っ子 at 20:38| Comment(12) | TrackBack(0) | ジャノメイシガメの煌めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

これが、ユカタンの現実だ。

1506060061.JPG

先日ファーストクラッチの子ガメが孵化したユカタンだが… 順風満帆という訳ではない。あの子を産んだ母親だが、実は卵を持っている。複数クラッチなんて普通だって?いやいや、そういうことじゃない。実はこれ、まだ2クラッチめ。孵化した子の、次のクラッチだ。つまり1回目の子が孵化するほど時が流れても、まだ2クラッチ目の卵を産まずに抱えているということだ。

2回目を持つまでは、よいペースだった。1回目の産後2週間くらいだったからなあ。でもそれからが鬼門!産まない、産まない。産卵促進剤も、こいつには全くの無効!もう前回の産卵から、2か月半だっつうの。幸い卵詰まりを起こしたことはないし状態はいいので、もう放っておくしかない。いつか気まぐれで産むのを待つしかないもの。

繁殖に成功したメス親でさえ、この有様だ。飼育はぜんぜん難しくないが、繁殖はとことんうまくいかないのが、この亜種だ。ただウチで当たり年もあったのは事実で、よそでもちらほらと繁殖例もあるように、モエギの如き絶望感が漂っているわけではないのが救いだが。こいつらを「掴む」日は来るのだろうか?アメハコ道を極めるのは、果てしなく長い道のりだ…
posted by 宮っ子 at 20:01| Comment(10) | TrackBack(0) | ユカタンハコガメの閃き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

マヤの聖神、降臨す−

1506040035.JPG

昨日から表面が汗をかき始めたユカタンの卵だが… 先ほど見ると、卵の端に穴が開いていた。

おおお!来た来た来たーー!!今年もついに、ユカタンが来たーーー!!今年は(今年も?)産まず、産まずの大苦戦。2年連続成功したメス親はおかしな時期に産み落としたり、産んだそばから全部喰らってしまったりと先行きが危ぶまれたが、別メスがやってくれた。熱帯に棲む以外、飼育は北米系亜種とまったく変わらないユカタン・メキシコだが、こと繁殖に関しては、こいつらは明らかに違う。抱卵してから、産むまでが長すぎる!無事穴を掘って産めばマシな方で、何か月も産まずに挙句産み落としなんて、こいつらじゃ日常茶飯事。有精卵は採れないし、採れても途中で腐りまくるし。ミツユビトウブと同じ種類とは思えぬほど、繁殖に関しては強い癖がある。

殻を破り始めたとはいえ、安心は禁物。空気呼吸が始まったところで卵白に呼吸を阻害され、自家窒息してしまうことがあるからだ。虎の子を失う訳にはいかない!ということで、医療用のハサミで顔周りの殻を切除し、鼻周りの卵白を拭き取った。まだ卵黄は大きそうなので、吸収して自力で出て来るまで待つことにしよう。

〜 〜 〜

2013年に初成功し、3年連続。1や2はともかく3までくれば、もはやマグレではあるまい。しかし2014年以降は、あまりに成功率が低すぎる。これじゃあ、下手な鉄砲の域を出ていない。今後はより広く学び、深く考え、確実な行動に移していかなきゃならないな。
posted by 宮っ子 at 19:41| Comment(10) | TrackBack(0) | ユカタンハコガメの閃き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする