2016年04月26日

先に来たのは、ジャノメだった

P1100714.JPG

最近は活動してるメス親を、こまめに抱卵チェックするようにしている。意外と、予測から外れて持つ個体がいるから。過去には無加温で11月に持ったトウブ(!)もいたし、秋口に持ってしまい冬の間ずっと持ち続けて、春設定でいきなり産み落としたユカタン卵管脱のメキシコもいた。機を逸すれば、命にかかわる事態も十分にありうる。

そんなんでチェックしていたアジア勢だが、トップバッターはまさかのジャノメだった。昨日おぼろげながら感覚があったのだが、今日になって確実に。去年はGW明けてからの確認だったから、だいぶ早まったな。このへんのアジア連中は固く大きい卵のためか、抱卵確認後産卵までは1月くらいと長い。よく条件が分かっていないジャノメだが、今年も連続で行けるのか・・・
posted by 宮っ子 at 22:35| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャノメイシガメの煌めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

太陽の使者、ここに誕生せり―

fro.jpg

ちょっと前までコートが手放せなかったのに、ここ1週間ですっかり春満開。そんなうららかな日に、新しい命が産声を上げた。
例年と同じく、トップはフロリダハコガメ。さんさんと光眩しい、太陽の国からの使者だ。今朝水分補給のために孵卵ケースを覗いたら、もう腕が見えてるじゃないか。窒息防止のため慌てて卵白を拭き取る。夜に見てみたら、落ち着いたようでだいぶ卵白も吸収されていた。

2010年にこの世界に復帰し、幸運にも雌雄を手に入れることができ、翌2011に初繁殖。なかなか産まずに開腹の2文字がすぐそこまで来ていたが、自力で産んでくれた時は本当に安堵した。それから12,13,14,15… 今年でもう連続6回目の繁殖というわけか。
とりたてて難しい種というわけではないだろう。でも連続って、そんなに簡単でもないんじゃないかな。ただでさえ気候帯が違うのに、猛暑があれば冷夏あり、暖冬あれば厳冬あり。ここ数年の日本なんていずれも記録史上の出来事ばかりで、「いつもと同じ」が通用しないもの。記録的な暖冬の最中、まさかの沖縄降雪がつい3か月前だから。

何はともあれ、誕生おめでとう!これから餌付けに育成に、忙しくなるな。

P1100710.JPG
posted by 宮っ子 at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | フロリダハコガメの嘶き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

22回目の冬を、無事に越えて

P1100693(2).jpg

午前中の強風が止んだら、台風一過のような晴天に。気温もぐっと上がった今日は、最後まで潜っていたカメたちもお目覚め。一日中、カメたちの世話をしていた。

これは、宮っ子の原点となるミツユビハコガメ。90年代初頭、まだアメハコがごった煮状態で安く売られていたころの個体だ。当時、宮は中学一年生。母が仕事帰りに行きつけの金魚屋へ寄ったところヘンテコなカメがいたといい、母の帰宅後すぐに車で連れてってもらい、そのまま買ってきたカメだ。
はじめは雄をかたくなに受け入れなかったが、大学3年の年にたまたま交尾成立し、初繁殖。それから毎年のように繁殖してくれている。

カメって、ここが魅力。10年、20年経ったってピンピンしてるから。その他のペットじゃ、なかなかこうはいかないもんな。今年は、23年目を迎える。毎年のことだが元気な姿を見ると、昔のことをいろいろと思い出すなあ。

posted by 宮っ子 at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

動かざること山の如し

P1100630(1).JPG

動かん!動かん!動かんーーーーーーーーー!!!!ユカタンが、一向に動く気配を見せない。

2月中旬に抱卵を確認した。早ければ3週間後、遅くても1か月後には産卵するはずだが… 一向に産む気配を見せず、動きが見えない。これ、メキシコのアメハコの大きな特徴。持っても産まない、とにかく産まないのだ。北米のアメハコなら抱卵後2週間で勝手に産んでくれるが、こいつらはいつまででも持っている。そのまま数か月なんてザラで、挙句産み落としなんてのは当たり前。挑戦してる人の話を聞いても、ホントそんなんばっかりだ。

一体、何が悪いのか… 自然下でもそうなのか?飼育の仕方が悪いのか?それとも何かの機を待っているのか?世の中には山火事を経験したり鳥類に食われないと発芽しない植物も存在するので、決定的な何かが欠けているという可能性も無くはない。でも北米アメハコの親戚なんだから、そんなエキセントリックな仕掛けがあるとも思えないんだがな… 現に成功した年もあるんだし。
そんなこんなで、ヤキモキする日々は続く。でもそろそろ産んでくれないと、死卵になってしまうぞ。
posted by 宮っ子 at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ユカタンハコガメの閃き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする