2017年02月26日

クリーパーNo.77 コブイモリと山の亀

P1180776.JPG

○ベトナムコブイモリ
ベトナム北部の山間部に位置し、避暑地として人気を集めるタム・ダオ。観光ホテル周辺でも見られるこのイモリは年間を通して渓流中で発見され、冬眠はしないと書かれている。深い森に囲まれているため、乾季でも夏眠の必要はないようだ。ウチにもいるモエギはこのへんでも見られると、別の筋で聞いたことがある。

○ホンコンコブイモリ
香港島において、標高30〜940mの緩い流れの小河川周辺に棲むという。山間部だが、高山というほどでもない。鬱蒼とした常緑広葉樹林に囲まれ、薄暗い林床を生活の場にしている。生息地の水温は冬でも12.5℃を下回ることはないとされ、不活発にはなるんだろうが、これまたガチな冬眠をすることはないようだ。
冬は乾季で涼しく、日本のサンショウウオなんかと同じく、冬に繁殖活動を行うらしい。なおウチにもいるミスジハコガメも、香港島に分布している。

 ※ ※ ※

緯度的には亜熱帯に位置しながら山間部のため、冬はそれなりに寒くなる。だが温帯みたいに氷が張るほどでは無く、せいぜい動きが鈍る程度ということのようだ。これ、モエギやジャノメとドンピシャ。どちらも亜熱帯の山間部、森林棲の種類だ。これらのカメについて具体的なデータは乏しいが、生息地も近いので、おそらくこれらのコブイモリ類と似た環境に棲息していると思われる。
暑すぎず、寒すぎず― 日本の本土より遥か南だけど、人間にとってもコブイモリの地域の方がずっと暮らしやすいんじゃないかこれ。
何気なく開いてみたら、具体的なデータが載っていて亀飼育にも大変参考になる回でした。
ラベル:みーちゃん
posted by 宮っ子 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦慄の書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

最新号のクリーパーNo.77 その1

P1180969.JPG

2月になって、ようやくクリーパー77号が届いた。隔月誌のはずだけど、届いたのは半年ぶり?7月の大阪れぷタイルズフィーバーレポが載ってるって、なんなのよ!いま2月だよ、U田川さん!(笑)しかしこれだけ濃い雑誌もそうそうないので、今後も楽しみにしております。今回とてもためになったのは、以下。
続きを読む
posted by 宮っ子 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦慄の書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

越冬するカントン

P1180911.JPG

また真冬日が戻ってきたが、無加温とはいえ屋内なので活動停止にはならないのがカントンだ。最近暖かい日もあったので、そんな時はけっこうゴソゴソ動いてる。泳ぎが巧みな亀ではないので、越冬も水深は浅く。たまに外に出して、乾かしてやると皮膚病にもなりにくい。
ラベル:冬眠
posted by 宮っ子 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

別の自家産トウブ

image6.jpeg

また別個体の、自家産2015CBトウブ。頭にすごい色が乗ってきている。毒々しいのがやっぱトウブの魅力だね。このくらいになると、オスは頭が角ばって、ゴツくなる。また目が赤くなり、真ん中には黒点が残るので、ちょっと怖い顔になる(笑)嘴もとんがって、猛禽類みたいになるね。メスはまん丸で黒目でかわいらしい個体が多いので、すぐにわかる。
けど、注意!トウブはそれなりの割合で、オスに匹敵するほど目の赤い奴がいますよ。ミツユビなんかでは、そういうのは見たことないなあ。

image2.jpeg
image1.jpeg 

さらに別個体。♂かな?明るい部分がどんどん広くなってきた。成長記録は大事だね
posted by 宮っ子 at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

成長したユカタン

image1yuk.jpeg

こちらも、お譲りした先で大きく成長した、ウチ産の2013CBユカタンハコガメ。続きを読む
posted by 宮っ子 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカタンハコガメの閃き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

成長したトウブ

トウブ3.jpg

一昨年、ウチで産まれて旅立ったトウブの写真を頂いた。続きを読む
posted by 宮っ子 at 19:50| Comment(4) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

一発目は、フロリダ。

P1180912.JPG

最近夕方外を見ると、まだこんなに?って感じに明るい。今日も4時くらいに、思わず見入ってしまったもの。冬至から2か月、確実に日長は伸びてきている。そんな日長を敏感に感じ取るのが、フロリダだ。3日前に初めて穴掘りがあり、そろそろかと思っていた矢先の産卵だ。

初繁殖は、2011年。なんだかんだで7回目の繁殖シーズンという訳か。はじめての時はなかなか産まなくて、獣医で産卵促進剤を打つも無反応。開腹も覚悟に… と言われていた中で産んでくれて、本当に嬉しかったのを覚えてる。
ラベル:産卵 繁殖
posted by 宮っ子 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | フロリダハコガメの嘶き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

キレーネの温浴

P1180908.JPG


久々にキレーネを手に取ってまじまじと見た。

いつもは埃を被ってるから、きれいに洗って。あーホントいいねこのカメは。もともとギリシャが大好きなんだが、この亜種は格別だ。手に入れたのはつい最近のような気がしてたけど、次の5月でもう2年が経つのか。凄かったよな、あの衝撃の入荷は。ここ5年じゃ、カンボジア・ラオスの超絶入荷と同じくらいのインパクトがあったもの。

P1180910.JPG

ナミビアヒョウモンのような、レオパード柄。my king of tortoise
posted by 宮っ子 at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

そろそろ産卵準備

P1180899.JPG

最近夕方外に出ると、だいぶ陽が長くなってきたと感じる。一日一日、違うもの。まだ寒いけど、春の訪れが近づいているのを感じ取る。

このあたりで繁殖が始まるのが、亜熱帯〜熱帯のアメハコ勢。抱卵も確認できたし食欲も落ちたので、そろそろと思い産室をセットした。衣装ケースに土を厚く敷き、植物用温室にセット。温度も図ったし、準備は万端だ。

P1180898.JPG

産室でうずくまるユカタンメス
ラベル:繁殖
posted by 宮っ子 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする