2014年07月05日

こっちの卵は、好調だ。

1407050012.JPG

やけにデコボコの激しい今期の繁殖。しかし、救いもあった。これはルビーアイ・スナイパーの子。1クラッチしか産まなかったものの、全有精卵。1頭、孵化直後に窒息で死亡してしまったが、残りはちゃんと出てきてくれた。しかも甲ズレもなく、元気いっぱい。去年の猛暑で母体の健康への影響が心配されたが、乗り越えてくれたようだ。

しかし不調の個体も多いことを考えると、やっぱりなんらかの影響はあったのかなあ。今年はエルニーニョで、冷夏の可能性もあるそうだ。暑すぎるよりは、涼しいほうがいいのかな。「去年と同じ」ではなく、毎年、暑さ寒さを考えながらやっていかなきゃいけないね。
posted by 宮っ子 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック