2014年10月12日

10月でもガツガツ来る

1410110031 - コピー.JPG

最高気温が25℃にも満たない日が続き、水棲ガメ類は動きが緩慢になってきた。そんな中1週間ぶりに餌をやってみると、ガツガツ来たのがトウブチーム。カロリナの中ではもっとも北まで分布しているせいか、寒さには強いよう。1週間空けたのもあるが、夏の様に飲み、食べる。

しかし10月後半にもなれば、もう餌は切る。そしたら、冬眠準備だ。あと元気な姿を見られるのも、2週間ほどになってきた。これから単調なシーズンが続くなあ…

5.2 22
タグ:計測
posted by 宮っ子 at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆で餌皿を囲んでの食事風景、いいですね!
一心不乱に食べる姿が微笑ましいです。

寒さに強いアメハコは、熱帯や亜熱帯のリクガメがメインの私には非常に羨ましく、いつか飼ってみたい亀です。

宮っ子さんのところは冬眠する種が多いので、冬は寂しいのではないでしょうか?(笑)
Posted by ミツオ at 2014年10月13日 15:49
ミツオさん

みんな欲しそうだったので、一か所にまとめてみました。こうすると、性格が出ますよね。他を押しのけて食べる者、おっかなビックリ食べる者。餌を咥えて、逃げ出す者もいます(笑) リクガメも、個性豊かなんじゃないでしょうか。

トウブ、ミツユビあたりはガッツリ冬眠できますからね。フロリダも、意外に強いんですよ!ガチ冬眠させてる人もいますから。冬は、ユカタンくらいしかいないので、たしかに寂しいです… でも今年はミスジのベビーを育てるので、成長が楽しみです!
Posted by 宮っ子 at 2014年10月13日 19:00
フルメンバー集まるとゴージャスですね。
特に赤い鬼蜘蛛?は目立ちますね!(笑)
冬眠までは雄雌すべて同居飼育なんですか?
Posted by シウイマン at 2014年10月13日 20:13
シウイマンさん

ありがとうございます!みな欲しそうにしてたので、円卓にしてみました。幸いにも平和的な組み合わせで事なきを得ましたが、厄介なやつは厄介ですよ… 一口咥えて、逃げるべく餌場を踏み荒らしていくので。

>特に赤い鬼蜘蛛?は目立ちますね!(笑)
冬眠までは雄雌すべて同居飼育なんですか?

今回映ってるオスは、「アメリカン・イーグル」です。基本的には雌雄別にしておきますが、餌やりなど、私が見ていられるときだけは、一緒にします。いつも一緒だと、盛りが付いたときに、メスへ負担をかけすぎてしまいますからね。
Posted by みやっこ at 2014年10月13日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407001069

この記事へのトラックバック