2015年07月26日

モエギの暑さ対策

1507260006.JPG

今年は扇風機を導入

暑い!今日は関東でも40度に迫る気温とニュースでもちきり。外のハコガメは軒並み屋内へ退避し、暑さが過ぎるのを待っている。でも屋内も、余裕で30℃を超えるんだよな… アメハコは暑さに強いが、モエギはできれば暑さには曝したくない。ということで、今年はちょっと工夫を。観賞魚用の冷却ファンを、扇風機代わりにしてみた。

同じ温度・湿度でも、風が通ると全然違う。だからケージ内に同じ空気が籠らないよう、通気性を心がけた。斜め下へ空気を送って、長細いケージ内を空気が通り抜けるように。温室の後ろ側の戸を空け、面している部屋の窓を開放し、外からも空気が通るようにした。十分に気温をコントロールできないので、こういうとこでちょっとでもマシにしてやれればいいんだが。

1507260004.JPG

全景。右側に扇風機を配置。細長いケージで、左へ風を送る。

1507260008.JPG

全景を逆側から。右端にファンがある。空気の流れは棚の下を通り、手前の空間から上へ出てくる

1507260009.JPG

ガラス温室の利点。戸を空けて痛風を調節できること。ちょうど部屋の窓に接しているので、空気の流れを作る


1507260011.JPG

ビビったモエギ
posted by 宮っ子 at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | モエギハコガメの囁き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪

暑いですね!
さすがに今日は全てのケージのライト
点灯させませんでした

もう少し暑いと飼育部屋で普通の扇風機を
首振らせますがまだ我慢してもらっています

モエギは湿度を維持して通気があるのが
いいように思いますので
観賞魚用送風機でコンパクトに確実に
調整できるのがいいですよね!

昔、観賞魚用送風機が一般的化していなかった頃
精密機器の冷却ファンをケージに設置して
モエギを飼育したのを思い出します(^_^;)
Posted by ワキンナマスター at 2015年07月26日 17:41
和金菜さま

今日は、今年一番の暑さだったようですね… ウチの環境だと夏って、恵みというより「凌ぐ」季節になってます。庭飼いで下が土ならさほど温度は上がらないので、絶好の季節なんでしょうけどね。
 
>さすがに今日は全てのケージのライト
>点灯させませんでした

やはり、その日の気温をしっかり把握して調整されてるんですね。ちょっと違うけど、農家さんだってその日の天候でハウスを開け閉めしたり、微調整によっておいしい野菜を作ってるんですよね。我々も学ぶところがあると思います。

>昔、観賞魚用送風機が一般的化していなかった頃
>精密機器の冷却ファンをケージに設置して
>モエギを飼育したのを思い出します(^_^;)

今は簡単に送風機を買えますが、そうだったんですね… 器具が全然ない頃から、そんな工夫をされていたんですね。今は情報も器具も豊富で、ほんとうにいい時代だと思います。
Posted by 宮っ子 at 2015年07月26日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック