2015年10月27日

秋も、深まって− 温帯トウブ編

1510260006.JPG

こちらも冬を迎えた、トウブたち。明るいうちは気温が上がるのでまだ食べるが、朝方や夜はさすがに鈍い。そりゃそうだよなあ、人間もすっかり秋仕様だもの。

繁殖は、冬眠明けから間もなく始まる。今までは冬眠明けの食事にボリュームを持たせていたけど、今期は冬眠前に栄養を蓄えさせてみようと思う。いつもは配合と果物のミックスばかりだけど、この秋はジャイミルやひき肉を集中的に与えてみた。いま蓄えておけば、シーズンインのスタートダッシュにも弾みが付くのでは?という考えだ。

一日一日、着実に寒くなっていく。完全餌切りまで、もう間近だ。

1510260007.JPG

トウブとミツユビのメスたち。間もなくの冬を待つ
posted by 宮っ子 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪

春とともにスイッチオン!
それと同時に食わせこむ!のではなく
冬眠前に蓄えておいてもらうのですね

タンパク質や脂質の多いものを
効果的に適量摂取してもらうのは
冬眠明けのダメージが減りそうな印象です

こちらも来季が楽しみですね♪
Posted by ワキンナマスター at 2015年10月27日 18:40
ワキンナマスターさん

いろいろ試したのですが、春のスタートダッシュには、冬眠前に蓄えておいた脂肪やらのエネルギーが大事なのかな?と思えてきました。なので秋の食いを、強化してみようかなと。毎年ちょっとずつ変えて、最適なポイントを探ろうと思っています。

今年は「普通通り」の結果が出せたので、来季は上を目指せるかな?
Posted by 宮っ子 at 2015年10月27日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック