2017年08月11日

初ハッチはトウブから

P1200581.JPG

今年もアメハコの孵化シーズンがやってきた。第1号は、トウブ!"アメリカン・イーグル"と、2013年初頭にやってきた、"ルビーアイ・スナイパー"の子供だ。この系統は、雌の甲羅の地色がクッキリしてるので、産まれたときはこげ茶色。

去年はアメハコの繁殖を始めて以来、最悪レベルの孵化数だった。ミツユビが1頭、頭部がほんの2,3頭。何が起きたかよくわからんかったが、今年は今のところよい滑り出し。これからミツユビ、カントンと続々孵化が待っている。

P1200583_.jpg

親の血統ごとに、孵化ケースも別管理。一目瞭然となるように
posted by 宮っ子 at 10:54| Comment(0) | トウブハコガメの慄き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: