2012年12月01日

亀の盗難防止

現在、ウチではすべてのカメを屋内飼育にしています。理由は、盗難防止。昨今は高価なカメの被害に遭われる方もいるようで、当方では自衛策として屋内、もしくはベランダ飼育にしています。
 
幸い、ウチは被害に遭ったことはありません。小学生のころ、玄関のクサガメが消えたくらいかな?あれは盗難というより、近所の子どものイタズラじゃないかと思っているけど。でも、子どもが興味本位で持っていかないとも限りません。全頭中に入れ、総合警備保障に入りました。ウチの座敷猫がたまに逃げ出してベランダを乗り越えるときですら、見事に鳴り散らしてくれています。

そして、全頭の写真管理。親個体はもちろん、種親としてブリード用に使われた場合でも対応できるよう、子ガメも血統別に全頭の記録を残しています。子ガメの表現型は個体ごとに異なりますが、親のペアにより、特徴というのはあるものです。万が一の場合も、市場に出回ったベビーから目星をつける可能性を期待して、全頭の写真記録を残しています。

本来ならこのようなことは公にしたくないのですが、何が起こるかわからない時代。自衛の策は、何重あっても多すぎることはないのです・・・
posted by 宮っ子 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗難防止のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする