2017年01月15日

2017冬レプJRS、参戦記レポート

今年のイベントの幕開けは、冬レプ2017!例年2月初旬の開催だったが今年は2週間も早く、センター試験とバッティング。行きの電車内では早朝から、参考書片手の高校生がそこかしこ。今季最強寒波も襲来し、いつになく緊張感のある参戦となった。

P1180817.JPG

さあ、入場!夏ほどではないがかなりの行列

P1180818.JPG

今年のメイン、エチオピアだかどっかの毒蛇。動きが日本蛇の"蛇行"とはまるで異なり、独特。太短くて毒々しい芋虫が、前後にウニョウニョ蠢いてるような感じだった。毒蛇というより、禍々しい毒蟲という感じ!!
あー気持ち悪い。いや、彼には渾身のホメ言葉ですよ?

P1180829.JPG

すごくキレイなセオレガメ。いたんだね、隠れた美種が

P1180833.JPG

ここ数年毎回登場するハチュドル・ゆきのん。トークもだいぶお上手に

P1180834.JPG

これ、宮的にはものすごいインパクト!黄色い部分が多く、甲も高く、特に右の個体が非常に美しい。最初、ニシヘルマンかと思ったよ。今回大量入荷した、"シリアアラブギリシャ"の名前ででたくさんいたけど、これがNo.1だ!!こんなギリシャがいたんだね… 最近ニシヘルマンのすごい個体がいて沸いたけど、本当にすごいギリシャがここにいました。
宮は90年代中盤、中学時代に爬虫類に目覚めギリシャの虜となったが、この頃輸入がストップし、即戦力のアダルト個体に全く巡り合えず泣いた覚えがある。だから地中海の即戦力個体には、今でも特別な情念がある

P1180836.JPG

"ヒメシナスッポン"として販売。最近のクリーパーでコナンスッポンやら、シナスッポン近縁種の特集があったが、本当に10数センチで止まるなら、スッポン界のキボシイシガメになるよ絶対。宮も本当はスッポン類がものすごく好きなんだ。小さいスッポン、出てこないかな… シナスッポン、フロリダスッポンが好みです。詳しくはないけれど、このサイズにしてはこの個体、妙に頭が大きくないか?まさか?まさか?
漱石さんと諭吉さんがケンカしたら、ここで折り合い付けたでしょう。

P1180837.JPG

幼体サイズのトゲヤマガメ。たくさん見られた。甲高の個体がカッコイイ

P1180842.JPG

ミヤコヒキガエル。本土のやつとは別物だ

P1180843.JPG

ニシヘルマン。見事な成長っぷり

P1180849.JPG

インシサヤマガメ。意外と見ないよね。まとまった入荷は貴重だ。

P1180848.JPG

ミゾヤマガメ。ひっそりとテーブル下に置かれて、なかなか気づかなかった

〜第二弾へ続く
posted by 宮っ子 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒涛のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

越冬中のミスジ

P1180807.JPG

越冬シリーズ、こちらは亜熱帯アジアン・ミスジハコガメのオス。水中越冬だと目や鼻の炎症を起こしやすいので、ここ数年はミズゴケで陸上越冬にしている。水棲ガメとはいえ陸棲傾向の強い部類なので、これでいいだろう。特に問題もなく経過しているので、今後もずっとこれで通してみるつもり。
タグ:冬眠
posted by 宮っ子 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ミスジハコガメの騒めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

越冬するユカタン

P1180814.JPG

こちらはユカタン。原産地はガチ熱帯なので温度というより、日照時間や餌で変化を付けている。今の時期、給餌は週に2回くらい。隅っこでじっとしてても、餌の香りがすると腹は減ってるのですっ飛んでくる。今の時期でも、交尾はする。もう少し日長が伸びてくると、抱卵するころだ。
タグ:冬眠
posted by 宮っ子 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカタンハコガメの閃き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

越冬する亀たち

P1180802.JPG

今日は、春の七草粥を食べた。
続きを読む
posted by 宮っ子 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

みーちゃんとタンちゃん

P1180484.JPG

表情からもビビリが読み取れる、タン助

年末は母の実家にも行ったので、タン助にも会ってきた。続きを読む
posted by 宮っ子 at 20:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

2016年の総括 〜 気になった入荷編

P1110341.JPG

今年も残り僅か!今年は身の周りでライフイベントが多かったせいか、ちょっとカメから意識が遠ざかってたな… しかしここで、2016年の気になった入荷を振り返ってみたい。続きを読む
posted by 宮っ子 at 21:26| Comment(4) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ジャノメ干し

P1180209.JPG

今日は天気も良く、そこそこ日中気温が上がったので越冬中のジャノメを甲羅干し。この辺の連中はガチ冬眠ではないので、水の中にずっと入れておくと目が白くなってくるから。寒さにはそれなりに強いので、10℃ちょっとでも全然平気。日中は日も射すので、足をピーンと伸ばしてとても気持ちよさそうにしてる。
posted by 宮っ子 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャノメイシガメの煌めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

春のような温かさ

P1180157.JPG

泥だらけのトウブ

昨日あたりから、とても暖かい。続きを読む
posted by 宮っ子 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

モエギの越冬

P1180143.JPG

眠る前に、水分補給

 
この週末を利用して、カメ部屋のモエギたちを冬眠モードに。カメ部屋は日中20度になるので不活発ながらも起きていたが、暗い玄関倉庫へと持って行った。衣装ケースにヤシガラ土を詰め、モエギを埋める。いきなり埋めるとまだ体温が下がりきってないので、しばらく外で寒風に曝した(!)あと、取り込んだ。

姿を見れないのは寂しいが、ウチは頭数が多いので、正直ホッとしている自分がいる(笑)だって冬は寒いし、ベッドから出るのが億劫だしなあ… また暖かくなったら亀ライフ本格始動だ!

2016年12月10日

冬将軍、到来-

P1180122.JPG

ガチで身震いするような日々が続く。最低気温は連日零度を下回り、ザクザクと霜柱がたつほどだ。

これは日中、土を掘り起こした様子。ハコガメたちはギュッと縮こまって、微動だにしない。たまにチェックしないと、たまたま暖かな日に地上に出てきて、夕方の急激な気温の低下に潜りきれず凍死なんてパターンが、野生ではけっこうあるらしい。
そういうのが怖いから、冷えてきたらウチでは強制的にある程度の深さに埋めてしまう。10pもあれば、表が多少暖かくなっても出てくることは無いだろう。
posted by 宮っ子 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツユビハコガメの呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする