2016年11月23日

モエギがまた産んでた。

P1180092.JPG

この個体の卵は、リクガメの物に似て丸っこい。奥は、孵化済みのアメハコの卵

今日はとても寒い一日だった。しかも明日は雪の予報!最高気温は3℃と、真冬日一歩手前の寒さ。これは、外では危ない亀たちもいる。

亀を屋内へ避難させ、カメ部屋のモエギを見に行くと… おや、白いものが落ちている。!!卵だ!萌黄の卵だ!雌雄が同居するケージに、卵がコロンと転がっていた。産んだのは、前回と同じメス。産後多少時間が経っているようで、ヌルヌルなはずの粘液は乾いていたが、モエギの卵は殻が硬い。乾燥には強いはずなので、問題はないだろう。

オスは盛っていたので掛かっていることを願うのみだが… 拒否っていたので、成功した場面は見ていない。ただ今年だけで2個の産卵。飼育年数の経過とともに、慣れてきたということなのだろうか?

2016年11月09日

今年のベビー

P1170061.JPG

ここ数日暖かな日が続いていたが、グッと冷えてきた。明後日未明にかけては、1℃!こりゃ霜が降るな。いつまでも暖冬だった去年とは、大違いだ。

これは、今年産まれのミスジハコガメ。6p近くなり、甲の厚みが増してハコガメらしくなってきた。まだ腹甲のヒンジは発達してないので一般的なミズガメとあまり変わらないが、10pくらいになると折り畳めるようになってくる。冬は寝せてもいいんだが、やることがないと退屈なので、やっぱり保温飼育か?
posted by 宮っ子 at 20:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ミスジハコガメの騒めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

そろそろ外も最後の北アフリカチーム

P1170022 (1).JPG

10月前半は30℃に達する日もあり、なんだこの暑さはという感じだった。
でも、中盤から劇的に気温低下。最高気温も20度を切る日が多くなり、最近ここらでは最低気温が10度を切る始末。これでは北アフリカの真冬にあたると思い、だいぶ前にキレーネギリシャは温室飼育に移してる。
 
でも、できるなら日光に当てたい!これは、この前の週末の様子。日中の気温が上がる時間帯だけ、外に出した。その辺で採ってきたヤブガラシを与えたら、食べる食べる!いつまでも与えてやりたいけど、最近この強靭な雑草たちも勢力が落ちてきた。これからしばらくは、野菜に頼る期間が続きそうだ。

P1170024.JPG

"むしゃぶりつく"という言葉がふさわしい。この辺でも野草はバッサリ刈られてしまった

posted by 宮っ子 at 22:17| Comment(6) | TrackBack(0) | キレーネギリシャの導き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

生死を彷徨う個体

P1170041.JPG

カントンの最後の卵が孵った。というより、割った。同じクラッチと比べてあまりにも長すぎたから。

中身がしっかりできてたのは確認したので、出てきたのは予想通りといった感じ。ただ、生気がない… ずっと目を閉じて、開けてくれない。四肢はぎゅっと畳んで抵抗している。異臭も放つ。でも、生きる気力が感じられない。卵嚢の吸収も遅い。

こういうのは早々に亡くなってしまうケースが多いが、不思議なのは自力でいつの間にか殻から這い出していたこと。3日経っても、まだ生きている。しかし、生気はない… 3年ぶりに成功したとはいえ、今年の不調を象徴するような個体だ。静置して待つしかない。
posted by 宮っ子 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

来季へ繋げ

P1170026.JPG

10月も下旬に入り、グッと寒くなってきた。屋内のカメ部屋もだいぶ温度が下がるようになって、活発化するのは交尾行動。ジャノメを一緒にしたら目を離したわずかな隙に、もうドッキングしていた。

ミスジもカントンも、水棲ガメはこの時期に来ることが多い気がしてる。夏場に活発なアメハコとは、またちょっと違う感じかな。この時期に成功しておけば、来期へ繋がることだろう。
posted by 宮っ子 at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャノメイシガメの煌めき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

時季外れのユカタンの卵

P1170023.JPG

ユカタンの卵が、いい感じで孵化を待っている。

産まれたのは、8月末。いつもは春先に産むので全くのノーマークだったが、メスがやたらと動く。もしやと探ると、あった!体内に、しっかりと卵の感触が。すぐに察知してやれなかったことを詫びつつ産室へ移すと、その日のうちに産卵。無事、有精卵を確保した。

この時期の抱卵って珍しい。乾季が明け、雨季とともに繁殖を開始すると思ってた。実際そういう動きをしてたけど、たしかに以前もあったんだよな… 秋ごろに持って、乾季設定直後に産み落としたパターンなのか。再現しきれてないためなのか、それとも繁殖期は以外と長いのか?でもこの時期の卵が孵れば、ちょっとは見えてくるかもしれない。
posted by 宮っ子 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカタンハコガメの閃き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

秋の日光浴-

P1170018.JPG

ちょっと前は季節外れの30℃超えを記録してたのに… 天気は一転。いきなり10度近く冷え込んで、一気に冬眠前モードに。

これは、外のアメハコたち。朝陽が刺すと太陽光をいっぱいに浴びられる体勢で、ゆっくり日光浴。隣の区画も、陽が射している側に集中する姿が見られる。あと2週間もすれば、本格冬眠の季節だ。この時期に、しっかりコンディションを整えておきたい。

P1170020.JPG
posted by 宮っ子 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カメ飼育日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

3年ぶりの、広東クサガメ。

P1150079.JPG

10月になって、カントンが来た!今年の8月に産まれたクラッチだ。

実に、我が家で3年ぶりの孵化。2013にはたくさん孵ったものの、猛暑のダメージを引っ張ったのか、翌2014はまさかの有精卵ゼロ。2015は自力で産まずに陣痛促進剤での産卵。しかし期を逃したか、発生するも全腐乱という結果に終わった。
今年も、出だしは最悪。無精卵の嵐、死籠り、発生停止… どこの繁殖困難種ですか、アナタ方。しかし残った卵から、ようやくの孵化。このガングロメタリックな質感、これでこそカントンクサガメだ。

これから、すぐに冷え込んでくる。冷やすと冬眠モードに入っちゃうから、今期は保温飼育で行こうかな。今年はミスジ、ジャノメ、カントンとなんとかアジア勢を繋げた。この勢いを、モエギまで…!

P1150081.JPG

真っ赤な腹。3年ぶりだよ、超懐かしい・・・
posted by 宮っ子 at 20:16| Comment(4) | TrackBack(0) | カントンクサガメの轟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

横浜とんぶり2016、レポート!

初の横浜開催となった、2016とんぶり。早々に募集を締め切っていたこともあり、これまでとは異なる展開が予想される。今年のとんぶりは、いかに?

P1150043.JPG

今回半ブースでお隣だった、KAME HOUSEさんのトウブハコガメ。本物と見紛うほどの精巧なフィギュアを、リーズナブルに出しておられる。偶然にも、同じ栃木県だった。地元ネタに花が咲く

P1150046.JPG

化石種プロガノケリスを、リアルに再現。わずかにガメラ要素を逆輸入

P1150049.JPG

かめのこカフェさん、マルギナータ。軽快に歩く

P1150056.JPG

7cmに及ぶメキシコハコガメ。これで今年のCBというから驚き

P1150052.JPG

ナガクビの巨匠、生ける伝説・N氏のロンギコリス

P1150053.JPG

同じくN氏、コシヒロカエルガメ

P1150060.JPG

黄色っぽいガルフコースト。こういうタイプを指名買いの人も多いようだ

P1150061_.jpg

海は、すぐそこ。時折、ブォォ〜ッと汽笛が鳴る

P1150063.JPG

中華街も、すぐ近く。公式打ち上げは、中華街のど真ん中

P1150065.JPG

花椒香る!本格麻婆豆腐

P1150066.JPG

冷菜の棒棒鶏。ネギだれが旨い!

P1150069.JPG

クリー○ーのお二方とたまたまお隣させて頂き、恐縮です
 
〜 所感 〜

・会場
はじめての横浜開催となった、今年。あっという間に募集が締め切られ、例年よりも縮小が予想されたが、とても広々。向こうのブースまで、8畳間が入りそうなくらいの余裕があり、お客さんもとても快適に回られていたようだ。もうちょっとブース多くてもよかったかもね

・宮のブース
今年はアメハコ、特に北米温帯系が壊滅的な結果に。去年のお盆後の冷え込み、12月の記録的暖冬、年明けの南西諸島での降雨… 影響があったのか?
おかげで出せるのは、片手で数えられるほどという寂しい結果に終わってしまった。しかし委託で預かったトウブが想像以上にキレイで、なんとか出展者としての体裁を保てた・・・かな。

・確かなCB個体へのシフト
シーズンになると、大量に安価なワイルドが輸入される種っている。でも、効率悪いよな… 安いから飼いやすいってわけじゃない。立ち上げに時間、労力、資金を投じ、挙句亡くなってしまった日には目も当てられん。
代え難い安定感を持つのがCB個体。しっかりと時間をかけてケアしたこだわりのブースは、同サイズのワイルドに比べ割高でも、厚い支持を受けていた。さすがです。

P1150072.JPG

さらば、ハマの番長!お疲れさまでした
posted by 宮っ子 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒涛のイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする